Story – SOUNDLESS RECORDS

Story

音楽で選ぶコーヒーvol.9【ヒップホップのすすめ】

音楽で選ぶコーヒーvol.9【ヒップホップのすすめ】

|音楽のムーブメントに焦点を当てたオリジナルコーヒー SOUNDLESS RECORDSというブランド名は音のないレコードショップ。 取り扱うのは音楽ではなくコーヒー豆です。 レコードショップが多様な音楽を取り扱い新たな発見を与えてくれるようにSOUNDLESS RECORDSの多様なコーヒーを楽しんでいただきたいという意味で名付けました。   ここで自信のオリジナルブレンド、「Inspiration Series」の紹介をさせていただきます! |Inspiration Series 1857年に初めてレコードが発明されて以来、約160年。 実用化され普及され世界中に広がる中で様々な土地で音楽が生まれてきました。(生まれたというか発見、知る事が出来る様になったというのが正しいかもしれません。。) レコード以前の音楽を含め世界でムーブメントとなった音楽にスポットを当ててそれをイメージしたブレンド、それがInspiration Seriesです。 |FIRSTPIRTY BREAKIN'1973 -HIPHOP- HIPHOPの原点。サウスブロンクス発の熱気を感じるパーティブレンド。 1973年夏、ヒップホップが誕生したとされる。 まだヒップホップという言葉もなかった時、一人の青年から始まった。 発想は至ってシンプル。 ブレイク(間奏)が一番盛り上がる。それを繋ぎ続けよう。と ディスコ全盛期。 多くのDJが流行りのレコードを回している中、この青年はJames Brownなどのファンク系やラテンのリズムを取り入れた曲をよく回していたらしい。 観客が一番盛り上がるのはブレイク部分。 ならばそれを長くプレイしようということだ。 Bボーイ、Bガールはブレイク部分で思い思いのダンスに興じる。 それがブレイクダンスだ。...
続きを読む
音楽で選ぶコーヒーvol.8【ロックンロールのすすめ】

音楽で選ぶコーヒーvol.8【ロックンロールのすすめ】

|音楽のムーブメントに焦点を当てたオリジナルコーヒー SOUNDLESS RECORDSというブランド名は音のないレコードショップ。 取り扱うのは音楽ではなくコーヒー豆です。 レコードショップが多様な音楽を取り扱い新たな発見を与えてくれるようにSOUNDLESS RECORDSの多様なコーヒーを楽しんでいただきたいという意味で名付けました。   ここで自信のオリジナルブレンド、「Inspiration Series」の紹介をさせていただきます! |Inspiration Series 1857年に初めてレコードが発明されて以来、約160年。 実用化され普及され世界中に広がる中で様々な土地で音楽が生まれてきました。(生まれたというか発見、知る事が出来る様になったというのが正しいかもしれません。。) レコード以前の音楽を含め世界でムーブメントとなった音楽にスポットを当ててそれをイメージしたブレンド、それがInspiration Seriesです。 |MEMPHIS DRIVER BEGAN TO SWING 1956 -Rock'n'Roll- 常識を変えたロックンロールへのリスペクトを。 1950年台のアメリカ南部。人種差別が色濃く残るこの土地で新しい音楽が生まれた。 それまでは肌の色で分けられていた。何もかも。 病院、水飲み場、バス、ラジオ。 公民権運動の高まりから人種間の緊張も増していった。 そんな中、白人でありながら黒人のような歌い方、リズムで世間の常識を変えたのがElvis Presleyだ。 この新しいサウンドに保守派やPTAは激しく非難したが、ティーンエイジャーは一瞬で心を掴まれた。...
続きを読む
音楽で選ぶコーヒーvol.7【パンクのすすめ】

音楽で選ぶコーヒーvol.7【パンクのすすめ】

|音楽のムーブメントに焦点を当てたオリジナルコーヒー SOUNDLESS RECORDSというブランド名は音のないレコードショップ。 取り扱うのは音楽ではなくコーヒー豆です。 レコードショップが多様な音楽を取り扱い新たな発見を与えてくれるようにSOUNDLESS RECORDSの多様なコーヒーを楽しんでいただきたいという意味で名付けました。   ここで自信のオリジナルブレンド、「Inspiration Series」の紹介をさせていただきます! |Inspiration Series 1857年に初めてレコードが発明されて以来、約160年。 実用化され普及され世界中に広がる中で様々な土地で音楽が生まれてきました。(生まれたというか発見、知る事が出来る様になったというのが正しいかもしれません。。) レコード以前の音楽を含め世界でムーブメントとなった音楽にスポットを当ててそれをイメージしたブレンド、それがInspiration Seriesです。 |YOU SNOOZE YOU LOSE 1977 -Punk- 1977年前後、ロンドンを中心に世界中に飛び火したパンクムーブメントをテーマにしたブレンド。 60年代後半から70年代前半にかけてロックが複雑化し、高度な演奏技術、最新のサウンドが持て囃される時代だった。 その反動なのか、彼らは社会への反抗心、不満、怒りを強烈に押し出した。 演奏は荒々しく、曲もシンプル。3コードが中心。 それが故に若者の心を掴んだのかもしれない。 経済不況の真っ只中、移民との対立、特権階級への不満、政府への不信。 NO FUTUREと歌った彼らに自分自身を重ねて。 こう書くと怒りや不満ばかりの音楽がパンクかと捉えられてしまうかもしれない。...
続きを読む
音楽で選ぶコーヒーvol.6【ブルースのすすめ】

音楽で選ぶコーヒーvol.6【ブルースのすすめ】

|音楽のムーブメントに焦点を当てたオリジナルコーヒー SOUNDLESS RECORDSというブランド名は音のないレコードショップ。 取り扱うのは音楽ではなくコーヒー豆です。 レコードショップが多様な音楽を取り扱い新たな発見を与えてくれるようにSOUNDLESS RECORDSの多様なコーヒーを楽しんでいただきたいという意味で名付けました。   ここで自信のオリジナルブレンド、「Inspiration Series」の紹介をさせていただきます! |Inspiration Series 1857年に初めてレコードが発明されて以来、約160年。 実用化され普及され世界中に広がる中で様々な土地で音楽が生まれてきました。(生まれたというか発見、知る事が出来る様になったというのが正しいかもしれません。。) レコード以前の音楽を含め世界でムーブメントとなった音楽にスポットを当ててそれをイメージしたブレンド、それがInspiration Seriesです。 |NO LUCK AT ALL 1930 -Blues-   1930年前後のミシシッピデルタブルースをテーマにした深煎りブレンド。 デルタブルースは1920年台頃からレコーディングが行われ始めたが、主な演奏は街中や酒場、ダンスミュージックとして人気だったという。 暗いイメージを持つブルースだが悲しい事、辛い事などを歌にし、踊り、分かち合うことで明日への希望を繋いだと考察する。 私自身この時代のサウンドが非常に好きだ。 浮かんでくるアメリカ南部の広大な農場、土煙舞う未舗装の道路、大陸の匂いが音を通して伝わってくる。 当時のブルースマンたちは定住せず街から街へ、北へ北へ向かったという。ミシシッピからテネシー、セントルイス、シカゴと各地でブルースを響かせながら。 最も有名なブルースマンというとこの人だろう。「Robert Johnson」...
続きを読む
音楽で選ぶコーヒー vol.5【音楽で選ぶとは?】

音楽で選ぶコーヒー vol.5【音楽で選ぶとは?】

【音楽で選ぶってどうゆうこと?】 SOUNDLESS RECORDSは音楽をテーマにコーヒーをブレンドしています。 あなたは普段コーヒー豆を買う時何を基準にしていますか? 酸味や苦味、果実感、産地や生産者、ストレートかブレンドか。。。。 この辺りがコーヒーの入り口として敷居が高くなっていると感じます。 そこで私たちは音楽から味をイメージする事により詳細な情報より感覚的に選べるようにデザインしました☕️ コーヒーの多様さ・スペシャルティーコーヒーの持つ素晴らしい風味をより多くの方に楽しんでもらいたいです😀 |気分で選ぶコーヒー豆 とはいえ音楽といえども多種多様。。 「一口にクラシックとはこうゆうものだ!」というわけでもないですよね。 なのでそのジャンルの持つイメージを風味で再現することに。 その際、味のテクスチャーをこう言い換えました。 苦味→スローテンポ 酸味→アップテンポ コク→踊りたくなるような 果実味→聞き入ってしまうような 抽象的な表現ですが気分に合わせる事が可能だと思います! 例えば。。 朝、1日の始まりはテンション上がるアップテンポな曲を、自然と体が揺れるような気分にはーー 酸味と少しのコクが特徴の『パンクブレンド』 休日、ブランチ後、少し優雅な気分の時はーー バランスのいい『クラシックブレンド』 実際に聞きながら淹れて、飲むのがおすすめ! しかし想像を膨らませそのブレンドから音楽を感じ取るのも楽しいです👐   |最後に 最新の音楽は様々な音楽要素が組み合わされ発表されています。 PopsにカテゴリされているけどBluesやHiphopのニュアンスを感じたり、 RockだけどこれはもうPunkだな、、etc.....
続きを読む
音楽で選ぶコーヒー vol.4【手挽き・コーヒーミルのススメ!】

音楽で選ぶコーヒー vol.4【手挽き・コーヒーミルのススメ!】

【手挽きは手間。。が、充実感を得られる!】 家で飲むコーヒーは豊富な種類がありますよね。 ・缶コーヒー・インスタントコーヒー・ドリップバッグ・コーヒーメーカー・ペーパードリップバッグ..... 手軽にコーヒーを楽しめるのは素晴らしい事です😄 そんな時代にあえて手挽きという選択肢をおすすめします! |手挽きのメリット 「新鮮なコーヒーを味わえる!」 私が一番メリットに感じるのはこれです! 豆から挽くと粉の状態に比べ酸化しにくいので新鮮な味、香りを楽しめます。特にお湯を注いだ時にがんがん盛り上がってくる泡はワクワクしますよね🤔 「充実感がある!」 私は休日の午前中によくコーヒーを淹れるのですが窓から差し込む光、広がっていくコーヒーの香り、Norah Jonesが流れてきて。。。 手間をかける事により美味しく感じるというプラシーボ効果を満喫しています☕️ |手挽きのデメリット 「面倒...」 これは仕方ないですね。。上記の充実感と表裏一体、ゆっくり挽く時間も楽しめるといいですね! 「何を選んでいいかわからない...」 様々な価格帯があるので難しいですがまず見た目or値段で選ぶのがありかなと思います!私はアンティーク系の家具が好きなのでミルも合わせたくプジョーのデッドストックのミルを購入しました。(¥20,000....) しかしそこまで高くなくても性能としては十分なものがたくさん販売されています。 とりあえず試しに¥1,500~¥3,000で選ぶのも見た目が気に入ったなら長く使うことを見込んで予算を大きく取るのもありですね。 |まとめ 自宅カフェを楽しむ為にもミルの購入をお勧めします! 鮮度の良いコーヒーを一度味わうと病みつきになりますよ! 1家に1台コーヒーミルを。コンパクトのものならキャンプにも持っていけますしね。 SOUNDLESS RECORDSのパッケージは120gなので開けてから劣化する前に飲み切れる量かなと思います。(7~10日間程)しかもスチール缶なので遮光性に優れ缶詰状態なので酸化も最小限に抑えられます! ぜひお試しくださいね!  
続きを読む
音楽で選ぶコーヒー vol.3【なぜスペシャルティコーヒーなのか?】

音楽で選ぶコーヒー vol.3【なぜスペシャルティコーヒーなのか?】

【こだわりのスペシャルティコーヒー】 SOUNDLESS RECORDSは全てスペシャルティコーヒー豆をブレンドしています。 なぜスペシャルティコーヒーにこだわるのか。。そもそもスペシャルティコーヒーとは何か。。。 今回の記事はスペシャルティコーヒーの魅力について紹介していきます。 |スペシャルティコーヒーとは?  栽培・収穫・選別・輸送・保管と品質管理が適正であり流通経路が明確化されたいる。またサステナビリティを意識し、生産者の利益を確保し安定した生産を目指しています。 美味しさだけでなく「環境配慮」「社会倫理への配慮」を重要視し、品質が保証されたものをスペシャルティコーヒーに格付けされます。 |なぜスペシャルティコーヒーを使用するのか? 高品質の為、どうしてもコストが上がってしまう。。 しかしそれでもスペシャルティコーヒーを使用するのは、やはり品質です! 音楽をコーヒーの風味で表現する。というテーマでブランドが始まりました。試作を重ねるうちにスペシャルティコーヒーが持つ個性のある風味が重要だと気付かされました。 オペラの雄大さ、パンクの激しさ、ブルースの深み、、、 微妙なテクスチャーを表現するにはこれでなければ!と。しかも、サステナブルな生産活動を支援出来るので三方良し!という事で決定しました。 さらに自然環境の影響を受けやすく生産量の波がある事を考慮し、シングルオリジンではなく贅沢にブレンドする事により味の安定、価格の安定を目指しています。 |最後に 今回はスペシャルティコーヒーの紹介でした。次回からSOUNDLESS RECORDSの看板『インスピレーション シリーズ』を紹介していきます! 是非またお付き合いください。
続きを読む